大きな恩恵

「共有名義にしたほうが得」とよくいわれますが、実際は無理して共有名義にしなければならないほど、大きな恩恵はありません。「共有名義=住宅ローン減税が2人で受けられる」というのも事実ではありません。「頭金を出した」「民間ローンで収入合算した」という場合、共有名義にはなりますが、減税は受けられません。というのも、ローン減税の対象者は「ローンの申込人」だからです。公的ローンを収入合算して借り、どちらかが「連帯債務者」になっている場合や、2人で別々の民間ローンを組んでいる場合のみ減税の対象になります。ただし、民間の金融機関での収入合算による借り入れについては、「連帯債務者」と認めてもらえません。戻ってくる額も最大500万円と宣伝されていますが、実際は自分の所得税額が上限です。よほど年収や借入額が多くなければ、大きな額にはなりません。親との共有名義は、親が亡くなったとき、兄弟との遺産相続が難しいケースも起こり得ます。共有名義には一長一短があるので、夫婦でよく話し合いましょう。マンションを買う理由として、「カギひとつで管理できるから楽」とか「近所づき合いがわずらわしいから」ということをあげる人が多くいらっしゃいます。